理想未来ってなんやねん

娘可愛い。お父さん頑張る。

サンディスク、CFast 2.0メモリーカードの出荷を8月より開始

気になったのでメモ。
SanDiskがCFast 2.0メモリーカードを8月より出荷開始するとのこと。

サンディスク エクストリームプロ CFast 2.0メモリーカードは、容量が60GBと120GBで提供され、ワークフローの効率性を最大化する450MB/秒(3000倍速)の読取り最大転送速度と、より高速な記録性能を実現する350MB/秒(2333倍速)の書込み最大転送速度を誇ります。サンディスク エクストリーム プロ CFast2.0の転送速度は業界トップの高速性能を提供し、現時点で最も高速なカードと比べて最大2倍の撮影スピードを実現します。プロフェッショナルユーザーは、この新しいカードを使用することで、大容量のファイルをかつてないほど高速に管理できるようになります。たとえば100GBのファイルをコンパクトフラッシュから転送する場合、転送速度が90MB/秒のカードでは20分近くかかりますが、転送速度が450MB/秒のサンディスク エクストリームプロ CFast 2.0メモリーカードを使用すれば4分程度です。

450MB/secの転送速度とは、ほぼSSDですね。

CFとCFastで互換性がなく対応しているデジタル一眼レフカメラもないのですが、CanonEOS-1D X後継機で採用するのではないかという噂があります。

又、Nikonの方もNikon D4SonyおよびSanDiskと共同開発したXQDを採用しましたが、SanDiskがXQD対応メディアを出さずCFastに絞ると明言しており、またSonyも対応カメラをビデオカメラ以外では出しておらず若干梯子を外された感じがありますので、今後はCFastに流れていくのかもしれません。

SanDisk Extreme Pro CFast 2.0 カード 60GB  450MB/Sec. SDCFSP-060G-J35

SanDisk Extreme Pro CFast 2.0 カード 60GB 450MB/Sec. SDCFSP-060G-J35